物傘について

着物傘について

想いがある大切な着物に新たな命を吹き込みます

せっかくの着物を眠らせたままではもったいない。もう一度着物を生活文化として取り戻したい。大切な着物ともっと素敵な時間を過ごしてほしい...そんな想いから、着なくなった着物を「日傘」として使っていただこうと考えました。

着物の素晴らしい色、柄、素材の風合い全て生かす事が出来る傘を作るには、熟練の傘職人の手が必要です。

なぜなら、繊細な着物の生地を日傘にするのには、より熟練の技術が必要だからです。

そこで、日本では数少なくなってきた匠の技を持つ傘職人に協力を依頼し、お好きな柄と持ち手、骨の色の組み合わせで、世界に1本だけの「着物の傘」を作る事が出来るようになりました。

素敵な贈り物にも、あなただけの特別な傘にも。

タンスで眠っている着物や思い出の着物で、傘を作りませんか?

世界に一本だけの日傘 ギャラリー

  • 着物傘1
  • 着物傘2
  • 着物傘3
  • 着物傘4
  • 着物傘5
  • 着物傘6
  • 着物傘7
  • 着物傘8
  • 着物傘9
  • 着物傘10
  • 着物傘11
  • 着物傘12
  • 着物傘13
  • 着物傘14
  • 着物傘15

料金

  • 着物から(洗い張り+撥水加工込み)
  • レースなし\19,000(税抜)~
  • レースあり\23,000(税抜)~
  • 反物から(洗い張り+撥水加工込み)
  • レースなし\18,000(税抜)~
  • レースあり\22,000(税抜)~

※上記のお値段は、標準手元を使用した場合です。

ご要望により、お好みの手元をお選びいただけます。

詳細はお問い合わせくださいませ。

メールでのお問い合わせ